メニュー

栃木県足利市の関東の霊山である大岩山毘沙門天の護摩修行・御祈祷案内


護摩修行の由来

護摩修行の護摩(ごま)は、サンスクリット語で”火に注ぐ、捧げる、供物”などを意味する語を語源に持つ「ホーマ」という言葉を音訳したものです。この「ホーマ」はアジア一帯にみられ、3000年以上の歴史をもつと言われています。


護摩修行とは

護摩修行は、護摩壇(ごまだん)と呼ばれる木製の壇に据えた炉で火を焚き、香木や五穀などを捧げ、御祈願を行う修行です。
護摩修行(おごましゅぎょう)の火は高さ1メートルにも登ります。この炎が毘沙門天さまに祈りを届け、煩悩を焼き尽くし、身心を清めます。


大岩山毘沙門天の護摩修行

大岩山毘沙門天本堂の護摩修行の様子

大岩山毘沙門天本堂の護摩修行の様子です。


護摩修行の日程

大岩山毘沙門天では、毎朝5時半、毎月一日、正月一日~三日に護摩修行を行なっております。
また、護摩修行で詠みあげるお経の一部を書いたプリントをお渡し致しております。是非ご一緒に読経ください。

毎朝 護摩修行 5時30分
毎月1日 護摩修行 5時30分 10時 13時30分
正月 1日 初護摩修行 滝流しの式 0時~
新春護摩修行 6時 8時 10時 13時 15時 
2日 新春護摩修行 10時 13時 15時 
3日 新春護摩修行 10時 13時 15時 
2月 3日 節分追難護摩修行 5時30分
4月 1日 春季大祭護摩修行 5時30分 10時 13時30分
10月 1日 秋季大祭護摩修行 5時30分 10時 13時30分


護摩修行の参加申し込み

参加申し込みは本堂内受付にて承ります。本堂正面で履物を脱いで下駄箱に入れて頂き、堂内へお入りください。堂内右手に受付がございます。
また、護摩修行を行っていない時間にご参詣された方のために、本堂正面に護摩木が設置してあります。御祈願内容をご記入の上、金五百円とともにお賽銭箱へお納めください。後日護摩修行時厳修時に焚き上げ、ご祈願いたします。


護摩修行でのお清め

大岩山毘沙門天では、護摩修行に参加いただいた際、お清めを行っております。財布、免許証、数珠などお清めしたいものがありましたら、護摩の火に当て、お清めの上、ご利益を授かることが出来ます。ぜひご持参ください。また、身体に火をあおぎ当て、お祓いをするとともにご利益を直接授かることも出来ます。参加申し込みの際に一言お申し付けください。


護摩修行の遠隔地からのお申し込み・団体申し込み

企業やスポーツチームなど、団体様での護摩修行も受け付けております。
団体でのご祈祷は、平日、休日に関わらず受け付けております。

護摩修行の予約・申し込みフォームへ

距離が遠くお参りすることが難しい方のために、護摩札を郵送にてお届けすることもできます。

護摩札の予約・申し込みフォームよりお申し込みください。

護摩修行の予約・申し込みフォームへ


護摩修行祈祷料

護摩木 500円
護摩札 3,000円
5,000円
10,000円
年間祈祷特別護摩 30,000円
特大 50,000円

護摩木は護摩修行の際に、炎にくべて御祈願いたします。
護摩札は護摩修行後、お持ち帰り頂けます。
なお、年間祈祷特別護摩札では、本堂護摩壇に護摩札(大・特大)を1年間安置し、毎日護摩修行を行います。
なお、併せて護摩札(中)をお持ち帰り頂けます。
護摩札の遠隔でのお申し込みは、FAXのみの受付となります。


祈祷内容

大岩山多聞院最勝寺では、護摩修行にて以下のご祈祷を行なっております。

  • 先祖供養
  • 家内安全
  • 商売繁盛
  • 事業繁栄
  • 社内安全
  • 交通安全
  • 学業成就
  • 合格祈願
  • 身体健全
  • 當病平癒
  • ぼけ封じ
  • 良縁祈願
  • 子授祈願
  • 安産祈願
※上記は一例になります。このほか、ご希望の御祈願内容がございましたら、どうぞご依頼ください。

大岩山毘沙門天 護摩修行の様子

<大岩山毘沙門天 護摩修行の案内動画>

大岩山毘沙門天で行われる護摩修行の様子を動画でご覧いただけます。